落合山林の季節の話題をお送りします

ヘッダーイメージ

カテゴリー

月別アーカイブ

タラノキ

  • 2018年04月14日
春の山菜の代表格がタラノキの新芽です。
日当たりの良い林道脇などに生えるパイオニア種で、
周囲が木に覆われると姿がみられなくなります。



落合山林では数年前に作った作業道脇によく見られますが
高い位置にあるうえ、幹には鋭いトゲもあり取るのもひと苦労。
軍手が必須です。

木を枯らさないためにも一番芽のみありがたくいただき、
二番芽は採らないことがマナー。

【2018.4.14 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

コブシとタムシバ

  • 2018年04月04日
コブシとタムシバはどちらもモクレン科モクレン属で白い花という点ではそっくりです。

【コブシ 2018.4.4 落合山林】


【タムシバ 2018.4.3 蒜山下福田】

見分け方は、開花時に葉があるかどうか。
コブシの方は花の裏側に葉が一枚出ますが、タムシバは白い花びらのみです。

モクレン科に共通する特徴ですが、とても香りが良い花です。
山では白い花びらが落ちているのを見て木の存在を知ることが多いです。 記事詳細へ

ページの先頭へ

ヒサカキ

  • 2018年03月29日
春になり、サクラの開花時期より少し前に山に漂う独特な匂い。
その正体がヒサカキの花の匂いです。

今年は3月23日(金)に初めて匂いを感じました。

某番組で「塩ラーメンの匂い」と紹介されましたが、私にはそのような匂いには思えません。
お世辞にも良い匂いとも言えず、でも春には毎年香るため春を感じる要素であり
季節の風物詩といったところでしょう。

【2018.3.29 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

シャクナゲ

  • 2017年04月18日
2010年に植えたシャクナゲが初めて咲きました。



花っ気のない事務所周辺に季節の花をとの思いで、樹齢100年以上の
シャクナゲが自生する真庭市・東谷地区から苗木を購入して植えたものです。

花が咲くには5年はかかると言われていましたが、結果的に7年目での開花となりました。
30本ほど植えましたが、枯れたのもあり、今では20株ほどです。
セイヨウシャクナゲとは違うやわらかさがあり、若葉の新緑とともに山に彩りが増えそうです。 記事詳細へ

ページの先頭へ

クズの花

  • 2016年09月15日
空き地や伐採跡地にいち早く現れ、地面を這うように広がるつる性のクズ。
植林の大敵で、草刈りをしても地下茎が生きていれば再び生えてきます。

そんな厄介者ですが花は鮮やかな赤紫色で秋の七草のひとつ。
写真はモミジの木が覆われている状態ですが、花の見頃が終わったら刈ろうと思います。

記事詳細へ

ページの先頭へ